携帯の被害

よく、携帯の電磁波は体によくないという人がいる(特に親世代)。
確かに、電磁波なるものは出ているだろうし、肌身離さず持つことが多くなった携帯の時代で、何らかの影響があるだろうとは思う。

しかし、よくよく調べてみると、電磁波というものは、電子レンジからも出ているし、家電が家にある以上、携帯なんかよりもよほど強いレベルで昔から発せられてきているのであった。

そして、電磁波による体への影響のひとつとなるガンの発生率が上がるということについてだが、結局、コーヒーやタバコといった原因と比べると雲泥の差。

で、まぁ、全ての要素を取り除こうとするレベルで考えるのであれば、避けるに越したことはない数値ではあるが、直接原因となるほど、体に悪いから控えなさいというほどの電磁波が出ているわけではない、と私が調べたうえでは解釈した。

心配ならば、電磁波の無い環境を作ればいいのだ。
だがやろうとしない頭の固い世代たち。
モノ言えば思い通りになると考えているのも頭の固い世代。

話は発展するが「老害」というのは、つまりは柔軟性の無い思考のことを指すのだろう。
具体的な老化や年齢や世代は関係なく、硬直化した思考を揶揄しているに過ぎない。

電磁波の影響について文句を垂れる人に言いたい。
だったら自分が率先して電磁波の無い生活環境を作ってから言えと。
多分、生活できないでしょうね。

«
»