予備校に対するイメージ

今の今まで大学受験をする高校三年生は皆学習塾に通うのだと思い込んでいました。
もちろん、自宅学習で受験する優秀な学生もいるのかもしれませんが、外で勉強するなら塾に通うものとばかり思っていましたが、高校三年生、つまり現役受験生でも予備校に行く人がいると聞いて驚きました。

予備校と言えば現役受験に失敗した浪人生専門の学校だと思っていたのですが、実は学習塾とは学習するところ、予備校は大学受験専門の学習機関という位置づけになっているそうです。

現役大学生は学習塾でも予備校でも好きな方に行けばいいということになりますが、なんとなく予備校の方が大学受験に向けてひたすら勉強しているイメージがあります。
予備校に対するイメージ=後がなくて必死になっている浪人生に対するイメージなのかもしれません。

現役での合格は、浪人での合格よりも格上という印象が、一般的にはあるようですが、社会人になってしまえば、そんな事はほんの些細ないことになってしまうもの。
浪人だから出世が遅れるなどという会社は、はっきり言って有り得ません。

くだらない目先の優越感に浸る人物ほど、将来は危ういものです。
理由としては長期目線での戦略が、どうしても欠けがちな思考に支配されているからですね。
これは親からの躾けやも普段の行動や思考が原因ともなっているため、自ら気付けない以上は改善の余地は無いかもしれないですね。

食肉卸
食育に貢献する食肉卸会社
和牛から輸入牛肉、豚肉、鶏肉、内臓類など豊富な種類の業務用精肉をご提供
meat-kimura.co.jp/

«
»