香道

香道とは、平安時代から続き、江戸の姫君たちも愛したと言われる、香りを楽しむ芸事です。
香木をたき、香りを聞いて鑑賞したり、その香りを聞き分けて競ったり(組香)して楽しまれています。

「香りを聞く」という言い方をするので、「聞香」とも言われますし、香りの質を甘さや辛さ、苦さで表すなど、香道独特の表現があります。

使われる香木のなかで、一般的にも知られているのは、伽羅(きゃら)、白檀(びゃくだん)、沈香(じんこう)などでしょう。
いくつかの香木を炊いて、自分好みの香りを作ることもできます。

組香では、何種類かの香木を準備しておき、そのうちの3種類ほどの香を炊いた炉を参加者にまわします。
それぞれがその香りが何であったかをあてるのです。

香りは季節の行事や和歌、物語などをテーマにして組まれます。
平安時代から続く雅な様子が伺えます。
ところが、香道に親しむ機会ってそんなにありません。

非常にもったいないのですが、そもそも知られていないというところから出発した方がいいのかもしれないですね。
知っている人は知っている、という認知度では、親しむ層に広がりが見られませんからね。
更には、アロマブームで、香道の影が薄くなってしまっているのかもしれないです。

日本では、「道」とつくおけいこ事は、非常に好まれていますし、外国人の方も日本の美意識に触れることが出来るとあって、実は外国人観光客向けに商用化されないかと、少し危惧しています。

«
»