ピラティス

家の近所でピラティスの体験教室があるとクーポン雑誌で知り、さっそく体験レッスンを受けてきました。

初めてというのは、何才になっても緊張しますね。

ピラティスとはそもそも怪我や病気等でベッドから動けない場合にやる運動『ベッドを改良して行うフィットネスプログラム』が始まりで、日本でも芸能人が実践して、雑誌で取り上げられてから人気になったエクササイズです。

激しい動きはないものの、身体の芯(core)を整え、筋力を強化する。

芯の筋力を鍛え、筋力を正しく使う技術を身体で覚え、認識させていくことで、姿勢や歪みなど身についた悪い癖を正して、身体のバランスを保ち、しなやかで均整のとれたボディラインづくりと、心と体のバランス調整を目指すもの。

雑誌で読んでから一度やってみたいと思っていたのです。
体験してみると、予想以上に自分の体が曲がらない、足がプルプル震える、あまつさえポーズがつけられないと、かなり間抜けな様相を呈してしまいました。

格好悪くて居たたまれなかったのですが、先生にはよくあることだと慰められました。
レッスン自体はテンポよく進んでとてもいい感じでした。

先生が個人ごとの体の気になる点をチェックしてくれるのも良かったです。
とりあえず、月3回のコースを申し込んで、頑張って通ってみようと思います。

ピラティス初心者

ピラティスに通い始めて二ヶ月あまり経過しました。
身体の芯(core)を整え、筋力を強化するピラティスというエクササイズ。

先日友達にそろそろ上手くなったかと尋ねられました。
しかし残念ながら私の場合上達どうこうのレベルではありません。
まずまだ姿勢を保つことすらできません。

前回のレッスンではポーズを取っている最中に、まるで生まれたての小鹿のように怖いくらいの震えが右足に走りました。
「あなたは腰が悪いのね」と、先生が震える私の太もものツボを押したところ、激痛が走りました。

「それでここの筋肉がない。腹筋背筋もなくて、軸足(左足)に重心をかけて暮らしていたから、左右にも歪むし、腰を悪くするのよ。だから足を支えていられない。今はそれを直そうとしているからこんなに震えるのよ」と的確に悪い場所を指摘されました。

二ヶ月続けて、上達の以前に悪い場所がはっきりと露見した感じです。
今まで自分はどうやって体を支えていたのかと怖いくらいです。
頑張って筋肉付けようと、始める前より切実に感じています。

先生曰く、できるようになる自分をイメージすることと、毎日継続することが大切だそうです。
この言葉を支えに、しなやかなボディバランスを手に入れるまで頑張りたいです。

»