耳を守る

最近では電車に乗っても歩いていてもイヤホンをつけて音楽を聞いている様々な年代の人々を見かけることができます。
私も音楽を聞く事が大好きで数年前まで一日のうちかなりの時間イヤホンを使って聞いていたような気がします。

しかし長く大音量の音楽をイヤホンで聞くとその後かならず音が少し聞こえにくくなることがありました。
こういう現象は時間がたつと元に戻るものですが、私の知り合いの中では元に戻らなくなった人もいますから要注意です。

私たちにとって自然から聞こえる鳥のさえずりや川の流れなど、これら耳が良くないと聞こえにくい小さな自然界からのサウンドは私たちの人生を豊かにしてくれます。
また耳を悪くした時はテレビもラジオも全て大音量で聞かなくてはならなくなります。

こうしたことを考えますと、音楽を愛している、また音を聞くことが本当に大切ならなおさら耳を守ることを肝に命じなければなりません。
一週間のうち何時間イヤホンを使って音楽を聞いているか今一度思い返してみて、たまに耳を休ませてあげるなら将来後悔するような結果にはならないでしょう。

私は一週間のうち水曜日と金曜日の通勤時間だけイヤホンを通して聞いていました。
人によって違うでしょうが、耳を守る為には具体的に自分にあったルール作りをし、たまには検査なども受けてみることが一番でしょう。

ピアスの穴

人間はストレスがたまると何をしでかすかわからない。
毎日少しずつたまるストレスを、定期的に解消する方法を心得ている人はかなりラッキーな人である。
大抵は、ストレスそのものに対して無意識のまま、知らず知らずのうちに、許容量めいっぱいまで貯めてしまうものだと思っている。

貯めきってしまったが最後、もはやどうなってしまうのかは一触即発状態なので誰にも分からない。
自分も時々、もやもやが限界域に達していると自覚するときがある。
そういう時、すぐに喉を壊して1オクターブ低くなってしまう自分は、カラオケにいって発散ということはできない。
バッティングセンターに行きたいけれども、球技の才能が一ミリもないから行けない。
ボーリングはスコアがマックス80というへぼ中のへぼの成績なので、これまただめだ。
という訳で、いまだ有効なストレス解消法を見出すには至っていない。
それでも一時、もやもやの行き場に窮したとき、ついついピアスをあけてしまう、という奇行に走ったことがある。
いわゆる自傷行為であったろう、今思えば。
ピアッサーは使わず、針であけるものだから、いろんなところを間違えて刺したりして、傷だらけになった。
その傷が、穴を開けてからもう数年も経つのに、しこりになって残ってしまって、多分耳鼻科にいったら怒られるな、という状態のまま暮らしている。
こんなことになるなら、あのストレスがたまったとき、針で穴なんか開けるんじゃなかったな、といまだに後悔している。
せめて、ちゃんとピアッサーを使って、毎日きちんと消毒しておくんだった。
あれからもちろん、耳をみせる医者には行っていないのは言うまでもない。
その時の気分に流されて、適当な行動をとると全くろくなことにならないものである。

お金を稼ぐのは気持ちいい
ロト7予想ズバリ
ロト7をズバリ予想したい人は必見。引っ張り数字、連続数字、飛び石数字を理解して予想に役立てよう。
www.hpfree.com/takarakuji/loto7.html
関連:www.xxyans.com

«
»