女性が退職しないでよい社会にするには

私の友達で雇用者を雇う際に選考に加わる者がいる。
その者が言うには男女平等にしたくてもやはり結婚をする際に退職をしたり子供ができた時にまもなく退職しそうな女性よりも、男性を選んでしまう、と言っていた。

彼だけでなく、多くの企業にとって当然教育を与えて実践に慣れてきてようやく一人前になる時に突然辞められるのを避けたいというのは無理もないことであろう。

確かに分野によっては異なるだろうが、企業が女性を雇用する際に男性と同じ数にまで、というのは難しいかもしれない。
しかしもし企業側が少し雇用者を信頼し、こうした女性の理由や男性にも特別な理由がある際に家からインタ-ネットで働けるようにしてみてはどうだろうか、と私は思う。

女性を男性と平等にという概念を必死に叫んでも、女性向けの環境ではない職場はたくさんある。
例えば、高層ビルのとび職は、いくら男女平等を謳っても、いつまでも男性が活躍を独占している。
このように、平等ということは、有り得ない。

設計士の分野でも、女性が免許を取得しているが、独立して事務所を抱えている人は、どれほどになるだろうか。
男性のエステティシャンが存在しないとうこは、男女の平等については、どういう考えになるのか。
女性の社会進出は大いに結構だが、無暗に男女平等を叫ぶのは、権利主張の掛け声ばかりで終わっているものと思われる。

インターネット上のビジネスでは、男女の平等が限りなく実現しやすい場所なのではなかろうか。

肉だよ!
女性も働きやすい食肉卸
適材適所の優秀な人材配置が最高レベルの食肉品質管理を達成。加工流通部門も高いレベル。
meat-kimura.co.jp/

«