飲食ビジネス

豆腐は世界中で、優れた健康食品として知られるものとなりました。
マクロビオティックと言われる「玄米菜食」という食事法では、肉や魚を食べずに、豆類からタンパク質を摂取することが多いようですので、豆腐は様々な料理に調理され食べられています。

さらに豆腐は、料理だけではなく、純植物性のクリームとしても大活躍しています。

硬めの木綿豆腐に火を通しておき、レモン汁やメープルシロップなどと一緒にフードプロセッサーなどでよく混ぜるとホイップクリームにもなりますし、木綿豆腐とレモン汁をベースに、酢やゴマペーストで風味やコクをプラスすると、クリームチーズ風にもなるのです。

また、豆腐クリームに小麦粉や砂糖など加えてオーブンで焼くと、マフィンが出来上がります。
カロリーが低く栄養価も高い豆腐の利用法は、ますます広がりそうです。
食のビジネスは、全く衰えることがありませんね。

しかし、弱肉強食の世界ではあることは間違いありません。
飲食店は人間の基本的欲求を満たすことが商売の金ですが、だからこそ厳しいという見方もあります。
御客さんの評価ハードルが跳ね上がりますからね。

不味いか美味いかのどちらかの評価でしか無いですから、非常にシビアです。
当然、事業サイクルは早く、一年持たないケースはざらにあるそうですね。
続けるということは、どれだけ大変か、飲食店を参考にすればよくわかるでしょう。

近所の激安イタリアンレストラン

私の家の近所に、某イタリアンレストランのチェーン店があります。
ものすごく安いので、お財布の中身が寂しい時などによく足を運んでいます。
味はまあ普通ですが、とにかく安くて、たらふく食べてデザートをつけても千円以内に収まります。

私が頼むのは、パスタとほうれん草のソテーと生ハムサラダです。
この組み合わせがお気に入りで、それ以外はほとんど注文したことがありません。
パスタもいろいろな味があるので、気分によって変えていますが、だいたいトマト系を好んで食べます。
このお店の良いところは、料理もそうですが、お酒が安いことです。
お酒と言ってもビールとワイン位しかないのですが、まずい居酒屋に行くよりも美味しいし、安く済みます。
それに、長時間いられるので、時間を気にせずまったりしたい時なんかは最適です。
この間、友達と一緒に食事に行った時のこと。
誰でも一度は行ったことがあるであろう有名店にもかかわらず、友達は一度も行ったことがないと言うのです。
メニューを開いた瞬間、あまりの安さに驚きを隠せない様子の友達。
思わず笑ってしまいました。
私はいつものメニューを頼み、友達はドリアとサラダとデザートを頼みました。
「ここ、ワインが激安なんだよ」と教えてあげたのですが、ワインの値段を見て驚愕していました。
「こんなに安くて儲かるの?」と余計な心配までしていました。
安いからといって、追加でアレコレ注文した友達。
それでもお会計は2人合わせて2500円程度でした。
友達は味をしめたようで、「次からはここにしようね」とご満悦の様子でした。
高級レストランもいいですが、安いチェーン店もそれなりに楽しめます。
今度行った時は、お気に入りのメニュー以外のものを試してみようかなぁと思っています。

ロト当たりのハリケーン
ロト7の抽せん結果はコチラで確認
抽せん会場のレポートをしながらロト7の当選番号を速報しているサイトならいち早く当選番号を確認できます
www.hpfree.com/takarakuji/loto7.html
関連:www.cantorwolff.com

«
»