ネットで広がる自分の世界

インターネットの中では、お取り寄せという言葉がある。
自宅にいながら、遠い土地の食べ物を簡単に探して注文できるシステムだ。

人気がでるとネットでの情報をたよりに店頭での販売も増え、ネットでさらに人気が出るということもある。

使い方は簡単だ。
例えば、旅行に行った先で食べた物がとても美味しく、また食べたいと思うことがあるだろう。
それを注文して家で再び食べることができるのだ。

他にも、ランキングなどがあり、食べたことはないが、多くの人が支持している商品を簡単に知ることができる。
贈り物として選ぶ時など、大変便利だ。
また、相手へ直接送ることができるシステムなど、自分に合った使い方を探しやすい工夫もたくさんある。

旅行に行く時間や予算が無い場合でも、このお取り寄せのシステムを使えば、離れた土地のおいしいものを食べることができる。
上手に利用することは、自分の世界を広げることになるのだ。

一念発起して、ネットショップを開業した友人がいる。
なんと、その関係は全くの素人なのだが、商売というものをやってみたくなったらしい。
元手もそんなに必要ないという理由で、ネットショップを開業したものの、少しだけ足が出たとは言え、5万円で開設したのはすごい。

売っているものは自作のアクセサリーや雑貨のため、利益は全部自分のもの。
最近、少しだけ忙しくなりつつあり、特に宣伝もしていないのに、ネットを使う人はスゴイと、逆に関心していたぐらい。

インターネットショッピング

自転車や家具などの大型品まで、ネットで購入します。先日も、ネットで電動自転車を購入しました。

昨今、宅配業者の業務量についてニュースで話題になっていますが、私はよくネットショッピングをします。
生活必需品から自転車や家具などの大型品まで、ネットで購入します。
先日も、ネットで電動自転車を購入しました。
実在店舗で購入することもありますが、ネットでの購入は時間の短縮にあると思います。
わざわざ店舗に出かけると、時間や交通費がかかりますし、他店との比較ができませんから、あちこち出向かなければなりません。
ネットだと瞬時に検討しているブランドの商品の値段やサイズ、形、色等の詳細を知ることができますし、カードを持っていれば簡単に購入でき、配達もしてくれるので自分の時間を節約できます。
また、知らないブランドや商品、物事について知識を得ることができることも気に入っています。
便利なものができると、それを悪用しようとする人がいることも現実問題だと思います。
インターネットのサービスもそれ自体はとても便利で、人々の生活を劇的に変化するものですが、反面その利便性を悪用し、詐欺や中傷などで利用者を陥れる悪事を働く人が次々に出てくるのも事実で、いたちごっこです。
規制をしても、また次の方法を探し出して、悪事を継続していきます。
このようなネット犯罪が少なくなるといいと思いますし、利用者一人一人が自分の利用や発言に責任を持つことが大事だと思います。
それには、規則やルール、罰則を残念ながら設けなければいけませんし、その罰則は時には、見せしめ的なものになるかもしれません。
皆が、利用に関して責任をもって、利便性を共有できればいいと思います。

«
»