商事の流れ

古代の時に商事と言ったら、自家の田畑の野菜や果物などを市場に持って行って販売します。
交通が不便のせいで、その時代の商事はこれまででした。

時間が経って、電車、バス、自動車など乗り物が出てきて、商事の形は自家前から他の町への形になりました。
現在になって、飛行機や船などを利用して、商事は既に自国に限らなく、他国に売ったり、他国から買ったりすることもできます。

グローバル化になって、他国に進出することもできます。
お互いに資源を共用して、連携しながら多様な商事活動を行っています。

海外輸出のはじめの頃は、関税は輸入と輸出の大きな壁になっていましたが、WTOの成立のおかげで、国際貿易はますます盛んできました。
商業活動ももっと便利になりました。

しかし、印象としてはIT分野だけが世界で市場が活況になっているように思います。
特に日本は、自動車も下火になっていますし、ITに関しても世界に打って出ることが出来ない状況に、当事者らもイライラしているのかもしれませんね。

更に、人件費の安い国でのアウトソーシングもメリットがなくなってきたのではないでしょうか。
その一番手だった中国は、経済成長の急加速で撤退する日本企業も出てきました。
その他のアジア諸国でのアウトソーシングも、思ったよりメリットがなくなってきたのかもしれません。

このような状況の日本を脱出し、海外で起業する若手起業家が続々と出ているのは、日本での起業に魅力が無いからなのでしょうか。

石垣島の魅力は自然とダイビング体験
南国でも人気のスポット石垣島。ダイビングショップの指導で海中散歩を楽しむ。
www.blue-water-divers.jp/

«
»