自動車の整備

車を所有している人は、必ず定期的にオイル交換とフィルター交換をする必要があります。
これは常識なのですが、車の構造にうといドライバーの中には、車はガソリンを入れさえすればいいと勘違いしている人もいるようです。

一般的には3000km~5000km走行するごとにオイル交換を行い、2回に1回はオイル交換と同時にフィルターも交換した方が良いと言われています。

ただし、1年間で3000kmしか走らないからオイル交換は年に1回でいいかというとあながちそうとも言えず、できれば走行距離が少なくても半年に1回は交換しておきたいものです。

ちなみにこれは車の場合で、バイクの場合はオイル交換ではなく、減った分のオイルを足します。
いずれにせよ、オイルが汚れていると寿命を縮めてしまうことになりますので、手抜きをせず定期的にオイル交換を行いましょう。

これはドライバーとして、マイカーのメンテナンスは義務であると考えるべきですね。

日常点検の実施率は低いとは思いますが、いざ、トラブルとなってカーサービスを利用すれば、結構な金額を支払うことになります。
また、予想しない事故に遭遇することもあるでしょう。
日常点検の意味は、メンテナンスよりも事故防止のための準備という意味の方が強いかもしれませんね。

半年に一回程度のディーラーの点検の活用も合わせると、長期的に安全に自動車を所有することが出来ますね。
法定点検とともに、車検の実施は100%でないと、自動車に乗ることは出来ませんので、実施時期を計画しておきましょう。

牛肉の部位を知る
精肉食肉卸業者の配送エリア
東京近郊は自社トラックで配送!宅急便対応もしているので、全国のお客様へ商品をお届けできます!
meat-kimura.co.jp/

«
»