めがねの洗濯方法

近年青少年の近視発病率が非常に高くなっています。
中国を例として、小学生の近視率は約22.8%で、中学生は約55.2%で、高校生は意外に70.3%に達て、本当に深刻です。

この状況によって、たくさんの若者が鼻にめがねをかけます。
めがねも服と靴のように汚くなるので、洗濯する必要があります。

めがねをかけないと、何も見えないから、めがねは顔の一部分と見られます。
しかし、めがねはガラスや樹脂などで作られたから、間違った方法で拭いたら、レンズに傷を残って、めがねの寿命も短くなります。

正しい方法はめがねのレンズを水で濡れて、食器洗剤や石鹸、シャンプーなどでレンズをきれいしてから、柔らかい紙でレンズを拭きます。

めがねをかける人にとって、めがねは視力だけでなく、顔の一部分です。
毎日洗濯する必要があります。
一方で、コンタクトレンズの利用者は減少傾向にあるようですね。

直にレンズを付けるという行為は、少なくともリスクが眼鏡よりも大きいですよね。
結膜炎などの目の病気を発症しやすい、洗浄と殺菌は必須、そして何よりもランニングコストがネックでしょう。
もっとも、眼鏡っ子ブームという背景も見逃してはいけないようですが。

眼鏡萌えという言葉もあるように、昔はガリ勉の象徴だったメガネも、今はオシャレのひとつで着替えも当たり前というファッション化が後押ししているのではないでしょうか。

«
»