食品を購入する前の注意事項

飲食業の発展によって、食品安全の問題がますます国民で認識されました。
食品安全に問題があったら、体に大きな損害がある上に、企業評価にも影響があるから、注意しなければなりません。

食品を購入する前に、いくつの注意すべきところがあります。

一、 経営者の営業免許を確認します。
二、 食品包装の標識は揃っているかどうかを確認します。
三、 食品の賞味期間を確認します。
四、 商品のラベルを確認して、認証標識を確認します。
五、 商品の色を確認します。色が鮮やか、外観が可愛いものに惑わされないように注意したほうがいいです。
六、 パックがない食品の衛生状況を注意します。食品生産の健康免許を確認します。
七、 価額について、割引や低価の商品の購入を良く考えて確認したほうがいいと思います。

ただ最近は、日本国内でも食に関する悲しい出来事が目立ちます。
ひとつは肉の生食の問題ですね。
衛生観念と意識が、作業している人や経営者に浸透していれば、防げた事だったと思います。

表面を削ることが、恐らくロスだと考えていたのではないでしょうか。
このような作業は、単純であり手間もかかっているのでしようが、無意味ではない事は知っていたはずです。
が、その意味の深さが足りなかったのかもしれないですよね。

このような作業は、業界内で標準化したところで、実際にやるのは人ですし、担当が変われば意識も変わる訳ですので、なかなか徹底できないのではないかと危惧しています。

«
»