妊娠時に気を付けたいこと

今、妊娠時に太ってしまい、出産時に帝王切開を余儀なくされてしまうことが増えているようです。
標準より太りすぎてしまうと、血圧が上がり妊娠中毒となってしまい、入院しなければいけなくなる場合もあります。

適度の運動をして、食事とのバランスを考えましょう。
そして、お酒も控えましょう。妊娠中は、胎児は親の栄養を摂り込みます。
そして、発育障害が起こったり、五体満足でない赤ちゃんが産まれてしまうかもしれません。

では、ノンアルコールであれば大丈夫かと思われがちですが、ノンアルコールは全く入っていないわけではないので、何杯が飲んでしまったらビール一杯分になるそうです。
アルコールが入った飲み物には必ず「妊娠時は控えましょう」と書いてありますので、赤ちゃんの為にも摂らないようにしましょう。

そして、一番心配されているのが、「うつ病」です。
今まで子供が欲しかった人でもいざ妊娠するとうつ病になってしまう人が約10%いるそうです。

普段の生活でストレスを感じている人や夫に対して不信感がある人に多いようです。
ストレスやうつ病を予防するには、周りの協力なしではできません。
望んだ赤ちゃんが元気よく産まれてくるためにも、お母さんが頑張ってみましょう。

当然、お父さんにもやれることはあります。
想像以上にに日常の動作が負担になるので、ちょっとの手助けが精神的にも不安から解消されるのです。

メニューとお酒

毎日毎日、このメニューには何のお酒があうか。
それだけを考えて毎日生きている。
いや、それは言い過ぎだ。
けれども、かなり重視はしている。

美味しい料理に、それにばっちり合うお酒で晩酌をしたとき、きまってああ生きていてよかったと思うから。
こんなに絶妙な組み合わせを思いついたなんて天才か、と酔った勢いで軽率なことを考えたりする。

逆に、おいしい料理を食べているのに、たまたまお酒がなかったりすると、何だかひとつ損したような気分になる。
とりあえず、毎日の生きる楽しみである。

最近の気に入りは、あんこものと日本酒である。
あんこものは、言ったそばから料理ではないが、これも立派なメニューのひとつである。
塩で一杯やれる、という渋好みの人からしたら、あんこと日本酒なんて甘いもの同士で邪道だというかもしれないが、こればっかりは個人の嗜好なのだから仕方がない。

そして言わせて頂けば、あんこであればなんでもよいという訳でもないのだ。
できることならば羊羹が一番。
それも、栗とか具の入っていない、シンプルにこしあんをかためたもの。

それから、月餅。
あの中華ゴマあんとくるみのハーモニーは最高である。

それから水羊羹も素晴らしい。
大福と、黒糖まんじゅうもよい。

と、結構あったがこんなものである。
とりあえず、こしあんやらさらしあんは、どれも相性がよい。

そして日本酒側も、できれば吟醸などの香の高いものではなくて、純米などのこくのあるものが合う、と思っている。
まああくまでも個人の嗜好である。
とやかく言うものでも、言われるものでもないのだ。

いくら親や姉から、のんべえ様にののしられたとしたって、そんなことは関係ないのだ。
毎日自分が幸せであれば、それでばんばんざいである。

ロトが当たればいいな
ロト6出目表
ロト6の出目表をチェックしたい予想家のための一覧がココにはあります。次回予想の参考になる出目表と当選番号速報サイト。
www.hpfree.com/takarakuji/
関連:www.marais-poitevin-aria.com

«
»