ネットニュース

私は仕事のために、毎日インタネットを利用しています。
MSNなどの即時通信ソフトやサイトを使う時、最初に飛び出すのは大体ニュースのページです。

退勤した後、家に帰ると夜のテレビニュースを見ます。
テレビニュースはネットニュースの内容と大体同じですが、違うところもあります。

中国では、テレビで放送されるニュースは毎日夜の定時的に放送されますから、朝や昼の出来事は夜のニュース時間にならないと、報道されません。
それと違って、ネットニュースは即時性があります。

事件が発生したら、すぐネットに登載されて広がれます。
文字だけではなく、画像や映像などもアップロードされて、形が想像より多種多様で、非常に便利です。

また、ニュースに対する自分の考え方なども書き込みできます。
コミュニケーションの一種にもなるのでしょう。
インターネットの普及は、情報の更新性を高め、新聞や週刊誌が不要になるとまで言われました。

ところが実際はどうでしょう。
新聞も雑誌も発行部数は落ちているのでしょうが、無くなってはいません。
書籍についても、電子書籍化がもたついている間に、人々の関心は薄れてきているのではないでしょうか。

特に電子書籍は、これまた企業やグループ毎の仕様が異なるという、日本独特のオリジナルの乱立でユーザーの利便性は全く考えていないかのようです。
利権を主張するばかりで、お客さんのためというのは詭弁にしか聞こえないですよね。

«